カナダ系の外資系企業勤務ナビ

人材派遣会社を使ってカナダでの求人を展開するには

人材派遣会社を使ってカナダでの求人を展開するには

カナダ系の企業というと、日本企業とは違って完全に実力主義で、年齢や経歴に関係なく結果を出した人は評価され、結果がなかなか出せないと厳しい環境というイメージがあるかと思います。

確かに私の会社も成果主義という風潮があり、若手でも結果を出せば年齢に関係なくたくさんの仕事を任されることになります。結果が出せない人には何とも辛い会社で、いつリストラされるか怖いと思う人も多いかもしれません。

しかし、カナダ企業で働いて思ったことは、仕事はあくまでも仕事と割り切り、プライベートに仕事を一切持ち込まないということです。日本企業では上司の顔を伺ったり、周りの空気感を大切にするあまり、自分の仕事が終わってもなかなか帰れない、もしくは早く帰ろうものなら白い目で見られるという話を聞きます。

カナダ企業では残業をすることが恥ずかしい、という考え方があるため、ほとんどの人が定時で仕事を終えて仕事後のプライベートの時間を満喫しています。

また、有給休暇の取得にも力をいれていて、日本企業では有給休暇はなかなか取れない節がありますが、カナダ系で働いて思ったことは、有給休暇は取得するのが当たり前で、むしろ仕事のマネジメントができているから取得できていると、評価されることもあります。

仕事面では確かに実力主義なので厳しい面もありますが、仕事とプライベートをしっかり分けて考える点、私はとても働きやすい環境だと思っています。

カナダで働く、カナダ企業で働くにはまずは人材会社を使って求人を集めなくてはいけません。
カナダ求人サイト
のサイトも参考になるでしょう。

ディオン外相の発言で注目が集まるカナダってどんな国

ディオン外相の発言で注目が集まるカナダってどんな国

つい最近、G7加盟国の外相が原爆被災地である広島市を訪れました。

その中でも特に被災地をいたみ、核軍縮についての強い決意コメントを表明したのがカナダのディオン外相です。

普段の生活の中では、あまり関わることのないこのカナダという国。ですが、意外と「国旗はわかる」という人は多いんじゃないでしょうか。

せっかくの機会ですから、カナダという国についてもうちょっと知ってみましょう。

広大なイメージのあるカナダ。それもそのはず、国土面積は世界第2位の1000万平方キロメートル弱もあります。実は隣接するアメリカよりもちょっとだけ広いんですね。そんなお隣アメリカとの関係は比較的良好。ただし、過去には紛争などもありましたから、いまだに反米感情を持っているカナダ人も一部にはいるようです。

さて、それでは肝心の日本との関係はというと…どうやら良好なようです。特に2009年に天皇皇后両陛下がカナダをご訪問されて以降は、要人たちが盛んに往来しています。

どうやら今後は、特にエネルギー分野での結びつきを強めていく方針のようです。LNG(液化天然ガス)を用いた発電方法は、比較的クリーンな発電方法としても注目されていますよね。これらの輸出入量の増加と共に。要人クラスではない一般人の行き来ももっと活発になっていくかもしれません。

カナダ渡航を予定している方へ、国土情報と見どころ

カナダ渡航を予定している方へ、国土情報と見どころ

私は、カナダ勤務から帰国後もカナダ旅行を年に1回は行っています。

カナダはアメリカに挟まれた土地柄、昔はアメリカだったんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実はイギリスの植民地だったのです。今では独立し一つの国家として保られていますが、今でもイギリス連邦加盟国としてイギリスの1部になっているようです。ですから、国王もエリザベス女王なのです。しかし国歌は違いますし、オリンピックなどはカナダ代表などで戦いますよね。不思議だなぁと思います。

カナダには有名な滝があります。そう、ナイアガラの滝です。個人的にはナイアガラの滝はアフリカらへんにあるんじゃないかと思っていたのですが、意外にもカナダにあったんですね。あの雄大な自然は物凄いジャングルにあるんじゃないかと思っていたので驚きました。旅行する前のカナダの印象は、バンクーバーの印象しかありませんでしたので……。あと、寒いですねやっぱり。

日本より北にありますから、北海道より寒いかもしれません。北アメリカ大陸とも言いますから、寒いと思うと思いますが、結構寒かったですよ。でも、アメリカと比べると人の温かみはカナダ人の方がありましたね。日本人も結構たくさん住んでいて、親日なのかどうかは分かりませんが結構親切な人が多くて感動しました。

カナダはアメリカとはまた違う文化があり結構楽しめましたので行ってみる価値は大アリだと思います。

証券会社の外務員の仕事内容、やりがいとカナダ人の働き

証券会社の外務員の仕事内容、やりがいとカナダ人の働き

私は銀行に勤務していましたが、55歳で早期退職を選択し、在職中に証券外務員の資格を取っていたものですから、ちょうど新聞広告で見たカナダ系の証券会社に応募し採用されました。証券外務員の資格を持っていることで即戦力として採用されました。外資系と言っても外国人がいるわけではなく、また支店でしたので日本人ばかりでした。そういう職場環境でしたので、特に違和感は感じませんでした。

時々東京の本社からカナダ人のマネ-ジャ-がやって来て、我々外務員と雑談を交わすことが度々ありました。雑談の内容は、数字については頑張ってくださいというだけで、業界のこと、経済の見通し、健康のこと、家族のことなどが中心になりました。日本の会社よりも、より日本的だなと感じました。郷に入れば郷に従えということでしょうか。日本の企業が新興国へ進出したらその国の考えに合わせるということをやっていますが、まさにカナダ企業が日本へ来たら日本流にあわせなければならないということでしょう。  

幹部が日本人の目線で接してきますと、カナダ系だという意識をせずしっかり働くことができます。仕事の難易度というのは何処に所属していても同じですから、働く者の気持ちの中に上手く入り込むことが必要だなと感じました。その点、カナダ人は上手いと思います。

通信・インターネット系の会社の営業マンの仕事内容

通信・インターネット系の会社の営業マンの仕事内容

私が前職をやめて今のカナダ系の企業に転職したきっかけは、とにかく対応が早かったから、の一点張りでしょう。

仕事を探して求人サイトに登録、気になる企業に十通以上メールを送ってみて、その三十分後に面接をしたいという電話が携帯にかかってきました。その電話の主が、今の外資系の企業です。

その対応の早さに驚き、ついハイと返事をしてしまったので、そのまま面接となりました。

面接日は私の都合に合わせてくれるとのことでしたが、できるだけ早い方が良いと考えて次の日にしました。

履歴書を作成する時間がほとんどないので簡単な自己PRと経歴だけをのせて面接にのぞみました。受付にいた女性は日本人で、そのオフィスのマネージャーと直接面接することになりましたが、これといって英語を使う機会はなく、社長はもちろん外国人なのですが、通訳がいるため日本語だけ話せれば大丈夫とのことでした。

面接では簡単な質問をされて、それに応えるだけ。特にこれといって難しい質問などはなく、そのままあっさりと入社が決まってしまったのは驚きでした。

年棒は最初の一年は低いですが、評価次第では一年を待つことなく報酬が上がるようです。給与以外にも仕事の対価に応じてインセンティブが払われるため、本当に実力主義、成果主義という職場です。

面接が簡単だったのも、今では頷けます。成果が出せる人しか長続きしないので、やる気があれば誰でも入れるという意味だったのでしょう。

インターネット広告運用代行勤務、カナダに出張も

インターネット広告運用代行勤務、カナダに出張も

転職サイトを活用して、外資系の会社に転職をしました。年に1回カナダの本社に行く選抜隊が組まれたり、逆に年に1回カナダ本社からスタッフが来たり、と非常にグローバルな感じの職場でした。もちろん、英語ぺらぺらな社社員も沢山いました。外国の方からの電話も頻繁にかかってきました。履歴書も面接も全部日本語でしたが。しかし、入社して二年後、会社の公用語が突然英語になりました。

理由は、その外資系の会社が、英語を公用語とする日本の会社に買収されたから、という非常に皮肉なものでした。買収によって、英語ペラペラだった社員はほとんど転職してしまい、日本語しか喋れない人率が高くなったのに、公用語は英語、というものすごい矛盾状態が発生、会議において意思の疎通がおぼつかない状態が常態化しました。

具体的には、予算の報告時にビリオンとミリオンを間違えてるけど、みんなよくわかってないので誰もつっこまないような感じでした。とっても働きづくなったので辞めました。

カナダ系の外資系化粧品会社の広報部に勤めていました

カナダ系の外資系化粧品会社の広報部に勤めていました

だいたい誰がきいても知っているような有名化粧品メーカーの広報部で、3年ほど契約社員として働いていました。実は勤めることになったきっかけは、広報部の社員だった友人の紹介。履歴書のみで特に面接もなく、明日からすぐきて!と部長さんとおぼしき女性に電話で言われて、勤務が始まりました。後からきいた話ですが、面接云々よりも、社員の友人という信用のほうが大事、ということだそうです。

日本の会社とまず決定的に違うと思ったのは、無駄な人員がいないことです。というよりも正直足りないくらいでした。有名メーカーにも関わらず、広報部の人数は部長、友人、部長秘書、私、アルバイトさんの5人のみ。今では笑い話ですが、トイレに入っていても呼ばれるという感じでした。

そして時間にものすごく厳しいです。というと日本の会社では普通出勤時間に厳しいということを指すと思いますが、そこはさすがカナダ系の外資企業。

決められた退勤の時間には必ず退勤しなければなりません。一見いいことのようですが、仕事が積み上がったまま退勤することになると、次の日へのプレッシャーが半端ないことになります。また、秘書さんも何があっても4時にはいなくなってしまうので、外勤の多い部長に連絡はとれないわ、電話はなりっぱなしだわと大変な思いもかなりしました。

出産で退職しましたが、いい経験になったと思います。ちなみに日本向けの広報なので英語はほとんど使うことはありませんでした。

外資系企業と日本企業の働き方、考え方の違い

外資系企業と日本企業の働き方、考え方の違い

私は今まで日本の企業のみで働いてきました。

しかし、自分の趣味をきっかけに今の外資系のゴルフ場のフロントで働くようになりました。

それまではホテルの受付で働いていたのですが、以前の会社は日本企業の株式会社でした。

結婚して、仕事を変わったのがたまたまカナダ系の外資系の会社だったのですが大きな違いなんかないだろうと思っていたのですが、同じ受付の仕事でも全然違うなと思う所がありますね。

ホテルの受付もゴルフ場の受付もまあまあお固い仕事だと思うのですがお客様へのサービスが日本企業の方がかっちりしていると思います。

マニュアル通りと言うといい方が悪いのですが、何かイレギュラーがあった場合にあたふたしてしまったり、上の者に・・・なんて時間を要してしまうことが多くありました。

しかし、今の外資系の会社で働いていると私個人に委ねて仕事を任せてくれます。

マニュアルはざっくりはありますが、それほどのキツイマニュアルはなくネットなど個人情報くらいでそこまで大きなマニュアルはありません。

大きな違いとしてあくまでも経験の浅い私の見解ですが、いろんなものを束縛しない、働いている人間もある程度の自由があることで自分の発想で動けるのが外資系の良さ。

日本の企業はマニュアルにしたがって少し窮屈ですが、クレームにも難しい対応を取る必要もないというメリットがある。

一長一短ですが、私の思う違いはそこだと思います。