外資系企業と日本企業の働き方、考え方の違い

私は今まで日本の企業のみで働いてきました。

しかし、自分の趣味をきっかけに今の外資系のゴルフ場のフロントで働くようになりました。

それまではホテルの受付で働いていたのですが、以前の会社は日本企業の株式会社でした。

結婚して、仕事を変わったのがたまたまカナダ系の外資系の会社だったのですが大きな違いなんかないだろうと思っていたのですが、同じ受付の仕事でも全然違うなと思う所がありますね。

ホテルの受付もゴルフ場の受付もまあまあお固い仕事だと思うのですがお客様へのサービスが日本企業の方がかっちりしていると思います。

マニュアル通りと言うといい方が悪いのですが、何かイレギュラーがあった場合にあたふたしてしまったり、上の者に・・・なんて時間を要してしまうことが多くありました。

しかし、今の外資系の会社で働いていると私個人に委ねて仕事を任せてくれます。

マニュアルはざっくりはありますが、それほどのキツイマニュアルはなくネットなど個人情報くらいでそこまで大きなマニュアルはありません。

大きな違いとしてあくまでも経験の浅い私の見解ですが、いろんなものを束縛しない、働いている人間もある程度の自由があることで自分の発想で動けるのが外資系の良さ。

日本の企業はマニュアルにしたがって少し窮屈ですが、クレームにも難しい対応を取る必要もないというメリットがある。

一長一短ですが、私の思う違いはそこだと思います。